> 妊娠・出産・育児

里帰りしない二人目の出産@世田谷区【準備したこと】


出産予定日まであと1週間以内になりました。

一人目の子は2歳半の男の子、二人目も男の子の予定です。

里帰りはしません。





実母はキャリアウーマン?なので、手伝いに来ません。

あ、違いました。12/29〜1/3日だけ来られるそうです。

都心に宿泊して昼間だけ来てくれます。

自由だなあ・・・。





義母は遠方に住んでいる後期高齢者。

東京になんて来られません。

夫は幸い、定時で帰ることが多い仕事。

私は今は働いていません。





今日は、今回の出産前に準備したものや、改善した生活習慣などをまとめたいと思います。

思い出しつつ、後日、追記するかもしれません。





【里帰りしない出産に向けての準備】
「里帰りしない」のと関係あるものに、★マークをつけます。


★子連れ入院OKの産婦人科病院を選んだ。



★産後ケアセンターに申し込んだ。



★ファミリーサポートに申し込んで利用している。
でも紹介してもらった人は留守番電話すら無い人なので、「急」に「困った」ときはお願いできません。



・年賀状を12月15日に出しておいた。


・医療費控除に使う領収書を整理しておいた。


・クレジットカードの引き落とし口座にまとまったお金を入れておく。
(病院の支払いがカードOKだから。そして、おそらくネットショップを多用するため。)



★100円ショップやドラッグストアではなく、ネットスーパーで一通りの日用品をそろえる
習慣に変える。
きちんとさん、ゴミ袋、サランラップ、トイレットペーパー、おむつ、歯ブラシなど、一通り。
(日常の買物時間を節約。行き先が少ないほど、楽。)


★夫に少しずつ料理を覚えてもらう。料理以外の家事はどうにでもなるから・・・。
肉と魚は買う段階から気をつけるようにお願いする。



・シャンプー、石鹸や洗剤、化粧品、ハンドクリームなど、赤ちゃんに影響がありそうなものは、
無添加やオーガニックの製品にシフトした。(一人目の子のときに乳児湿疹が出たので。)



・最初の3ヶ月くらいの間使う「赤ちゃんのボディーソープ兼シャンプー」だけ赤ちゃん専用オーガニック製品を購入。
その後は私と同じものを使っても大丈夫だと思う。



・妊娠線予防のクリームは、普通の化粧水やクリーム、ハンドクリームの残りなどを使った。



・おくるみやガーゼ類は買わず、新しいバスタオルを2枚購入。
一人目のときにおしゃれな大判ガーゼを何枚ももらったけど、全部捨てました。


・近所の人にベビーベッドをもらった。しばらくしたら次の誰かに譲る予定。


・ベビーベッドのサイズに合わせて、ネットでマットレスを購入。3000円くらい。
(マットレスは汚れてしまうので次の子供に使いまわせない気がする。)



・シーツは一人目のときのマットレスパッドを利用。



・赤ちゃん用の掛け布団&枕はいらない。
なぜなら2歳の子ですら布団をかけずに寝ているから・・・。
2歳半から枕を使うようになりました。



・60cmの服を2枚と、短肌着3枚、長肌着3枚を用意した。
足りなかったらアマゾンで買おうと思います。



・固形のミルクをママ友から大量にもらった。消費期限が半年後だったため。
1ヶ月くらいは買わなくても大丈夫。



・哺乳瓶と煮沸容器(電子レンジ用)は一人目のものをとってあった。
★哺乳瓶は6本くらいある。洗わずに力尽きて寝たりするから。



・搾乳機もとってあった。使わなくてもいいけど・・・。
★もうほぼミルクで良い・・・楽だから。
前回の出産時に買った電気ポットを押入れから取り出した。



★「コープデリ」に申し込んだ(夕食の弁当宅配)



★夫に、ネットスーパーやコープデリ、出前館のパスワードを教えておく。
私が力尽きたら何とかしておいて下さい・・・。笑



★収納ケースの引き出しに、中身がわかるようなイラストや文字をメモ。
(夫でもわかるように)



・妊娠中は断捨離をしてスペースを確保。



★電動自転車(ママチャリ)を購入。外回り担当の夫の体力を温存します。



★洗濯乾燥機を日常的に使うようにした。(電気代やガス代はケチらない。)



★洗濯の際に、重曹または酵素系漂白剤を使って、日光がなくても殺菌できるように?した。
時間や天候を気にせず洗濯ができます。完璧な殺菌は求めない。



★乾燥機かけても良いように、全体的にコットンの下着や洋服類にシフトした。



★背もたれ付きのベビーバスを3ヶ月レンタル予約した。
購入するのと同じ値段になったけど、粗大ゴミ券代または、欲しい人を探す手間が省けるので良いと思う。
本当はベビーベッドもその予定だった。



★賃貸住宅で窓の近くが寒いので、すべての窓に透明プラ段をはめ込んだ。
以前よりかなり部屋があたたかくなった。
これで家のどこでも力尽きて眠ることができる。笑
(リビングの南側の窓だけは景色を見たいので、今は昼間は取り外すようにしています。)



★一時預かりや幼児教室など、上の子を預かってくれる所をいろいろ見学。
最終的に3箇所を併用する予定です。
産後すぐは、一番近いところを主に利用しようと思っています。
週2〜3回程度、2〜4時間の予定。



★上の子のお友達&ママに、遊びに来てねと言っておいた。(上の子が退屈するから)



★夫に優しく接する。
産後はイライラして喧嘩すると思うので、
今のうちに「産後じゃなければ良いやつだ」と思ってもらう。笑



★一年以内に期限が切れそうなマイルやクレジットカードのポイントを、日常的に使えるポイントに変換しておいた。
(コンビニなど)




・上の子の幼稚園説明会のスケジュールをおおまかに把握しておいた。(焦らないように)
私が気になっている幼稚園は、まだまだ準備してなくても大丈夫だった。




★上の子の冬物の洋服で買い足しがありそうだったので、早めに補充。
(保育園によってはフード付きの服を禁止していたりする。)



・ベビーカーを洗っておいた。(赤ちゃんを乗せる可能性も考えて)



★陣痛タクシーに登録した。






以上、今回の出産準備のご紹介でした。


デリバリーやスーパーの宅配などが充実している世田谷区。
よく、出産準備のアドバイスで、「食材を冷凍しておくように」とか、レトルト食品を買いだめする、とかありますが・・・
家の向かいと横にスーパーやコンビニがある我が家。
狭い部屋に物が溢れているほうが育児?ストレスが溜まるような気がして、あまり食べ物は準備していません。




「里帰りしない出産」に必要なもの、
思い出したらまた追記していこうと思います!



心配しすぎると物を買って備えて、家が狭くなり、親子ともストレスが溜まると思うので、
最低限のもので済ませていきたいところです・・・。

妊娠・出産・育児関連記事