> 妊娠・出産・育児

成城木下病院にて38週目の妊婦健診


臨月になり、妊婦健診が週1になりました。

直前に予約日を決めるせいか、いつもとは違う時間帯(人気の無い時間帯)にしか予約できません。

つまり、午後の終わりのほうです。

この時間帯の前後は成城の街が学生や仕事を早めに終えた人たちでザワザワしているので、

できれば避けたい!






疲れてくると気持ちも「どんより」してきて、些細なことに傷つきます。

(エレベーターで待っててもらえなかったり、歩くのが遅くて舌打ちされたり、そういう小さいこと。)

帰ってきて寝るまで、無駄に気持ちが どよーん としています。






やっぱり、臨月の外出は心身ともに安定させるためにも、早い時間に済ませたいです。

本当は。






38週目の健診は院長先生でした。

一生懸命、赤ちゃんの顔を4Dエコーで見せようとしてくれました。

結局見えなかったんですが・・・とても頑張って下さったので、なんだか嬉しい。

病院への信頼感がアップしました。

出産へ向けて、お医者さんへの信頼感は必要ですね。






昔、予備校講師が似たようなことを言ってました。

大学に受かるまでは自分の塾(予備校)が一番良いと信じよう!

受かったらこの世界のことは忘れよう!と・・・。

受かった後も、そこが一番良かったと信じていたらダメなんだよ!と・・・。

その先生の自虐的な言葉が心に残っています。​






話が逸れました。






「来週の健診では見えると良いですね、でも来週の健診の前に生まれるかも・・・」と

仰っていました。






そうか、もうそろそろ生まれるのか・・・。

やり残したこと、あるかな?

次の記事で、「里帰りしない2人目の出産」で準備した内容を書きたいと思います。

これまでにかかったお金のことも記録しておきたいです。

(陣痛来てなければ。)






少しだけ生理痛のような痛みが、朝と夜などの「体が本調子じゃない時間帯」にあります。

これが陣痛の始まりなのでしょうか。

前駆陣痛?

前回は41週6日目の誘発分娩だったので、「自然な陣痛」がよく分かりません。







今週末は、上の子は夫にお願いして、自分はスーパーに行ったり、家事をしたり、

のんびりしています。

夫のほうも、二人目出産だから早めに生まれることを想定して

臨月はあまり予定を入れずにいてくれたようです。

ありがたや。

こんな風にのんびりしてたらまた誘発分娩になっちゃったりして(^^;)

妊娠・出産・育児関連記事