> 妊娠・出産・育児

世田谷区の産院選び④〜成城マタニティクリニックで断られる。


2回目の診察で、無事に妊娠が確定しました。

成城マタニティクリニックに分娩予約をするにあたって、無痛にするか通常にするか・・・

決めなければなりませんでした。

家がそれほど遠くないので、分娩予約だけのために、改めて来院することにして帰りました。





ただ、その際に

持病についての話をしました。

私はバセドウ病が持病で、産後は悪化しました。

波があって、今はずっと落ち着いている時期なのですが・・・

たまたま、妊娠発覚の2〜3ヶ月前に、少しだけバセドウの数値が上がっていました。

薬を飲むほどではない、微々たるものだったのですが、

院長先生は、血液検査で「少しでも(コンマでも)数値が正常枠を超えている人」は受け入れない判断を

なさっている様子でした。

受け入れないというのは、拒否ではなくて「(重症なので)成育医療センターに転院させる」という形です。

あれ?私ってそんなに重症なの?





それで、妊娠5~6週の段階で、かかりつけの伊藤病院に行って念のため検査をしてもらいました。

その日、偶然、副院長に見てもらっていたので、詳しい話が聞けました。





甲状腺ホルモンの数値は、妊娠中は下がっていくそうなので、

もう少し妊娠の週数が進めば正常値に近づいていくだろうということでした。

子供にもバセドウ病の影響が出るのは、よっぽど重症のときだけだそうです。

私の今の数値を見て胎児への影響を心配している産婦人科医がいるなんてと、驚いていました。

「それに、成育医療センターは、かなりの重症の人のための病院なのに・・・。」と仰っていました。





その検査結果を持って再度、成城マタニティクリニック行ったところ、

ほんの少し正常値を超えているので、

成育医療センターに転院することになりました。

でも、予約は自分で電話で取るように言われ、

予約が取れるまでは成城マタニティクリニックに通うように言われました。

まだ妊娠6~7週なのに、面倒なことになってきました。






まずは成育医療センターに予約の電話をします。

それから、後日、

成城マタニティクリニックについての噂をいろいろ聞いたので、そのことも書きたいと思います。




(つづく)

妊娠・出産・育児関連記事